マンション売却を成功させるために知っておくこと

注文住宅なら自分の理想通りの家を手に入れられる
ただマンションを売るだけではないのか
二世帯住宅での生活を快適にするためには

マンション売却の前に知っておきたいこと

マンション売却をしようと検討している人は、売却について調べないといけません。情報がないと、スムーズに売却ができない可能性があるので注意してください。

ローン残債がある場合マンション売却はできるのか?

住宅ローンが残っている状態では、マンション売却はできないです。売却した金額で返済できるなら問題ないですが、それでも返済できない場合は全て自分で負担することになります。残債が3000万円あり、マンション売却をして2000万円というケースがあります。この場合は1000万円という多額の残債が残るのです。このような場合は基本的に売却することは不可能です。

マンション売却における媒介契約の種類

一般媒介契約
一般媒介契約とは、1つの不動産会社だけでなく多くの会社と契約することができます。不動産会社と多く契約することで、より多くの人に売却したいマンションを見てもらえるのです。不動産会社だけでなく、売主本人が買主を探せるというメリットもあります。一般媒介契約の場合は、不動産会社からの販売状況の報告はありません。そのため、自分で進捗状況を確認しないといけません。他の不動産会社に取られる可能性がありますし、中には販売活動に力を入れない所もあるので注意してください。
専任媒介契約
複数ではなく1つの不動産会社と契約するマンション売却を、専任媒介契約といいます。専任媒介契約は1社だけですから、多くの人に見てもらえないのが問題です。ですが、不動産会社は販売活動に力を入れますから買主も早めに見つかります。他の不動産会社に取られることはなく、販売活動が無駄になる心配はないので積極的に行なうのです。また、最低でも2週間に1度は販売活動の進捗状況を伝えてくれます。専任媒介契約を利用する人は、信頼できる所を選んで契約しないといけません。
専属専任媒介契約
専属専任媒介契約は、専任媒介契約と同じように1つの不動産会社と契約します。専属契約はより不動産会社も売却するために協力してくれます。販売活動に力を入れたり、1週間に必ず1回以上は進捗状況の報告をしたりするので便利です。他の契約と違う箇所は、自分で買主を探せません。自分で買い取ってくれる人を見つけても、専属契約をしているためその人に売却することはできないのです。自分で買主を探すことが困難という人は、この方式の契約を行なったほうがいいです。

1円でも高くマンション売却をするために

マンション売却を考えている人の多くが、1円でも高く売却したいと思っています。売却益が低いと住宅ローンの返済や、その後の資金が少なくなってしまいます。それを避けるためには、少しでも高く売ることが重要です。そのためには、1つの不動産会社だけでなく複数の会社で査定を依頼しましょう。不動産会社によって査定額は異なるため、同じマンションなのに500万円以上の差がつく可能性も高いです。査定にも料金が発生することが多く、複数に依頼すると初期費用が高くなります。ネットにはマンションの一括査定を無料で行なえるサービスがあるので、これを利用すれば簡単に査定して売却益を比較できるのです。一括査定では大手の不動産会社が登録していて、他にも優良業者ばかりなので信頼できます。

買い替えローンといった商品も確認しておく

住宅ローンの残債が残っている場合はマンション売却を行なうことはできませんが、買い替えローンを利用すれば大丈夫です。残債を含めたローンを組むことにより、安い金利で借り換えが可能というメリットがあります。そのため、無理のない返済ができるのでお得です。他にも担保価値の高い物件を購入すれば、残債があっても問題ありません。他にも住民税や所得税を控除できる税制も利用できます。買い替えローンなどについて調べておけば、マンション売却を成功させられます。

マンション売却のQ&A

マンション

マンション売却を初めて行なう人は、いろいろ気になることが多いです。ここでは、マンション売却に関することで、多くの人から寄せられる質問を紹介していきます。

売却価格ってどのように決まるのですか?
マンション売却の価格は、過去のデータを参考にして決めます。そのマンション周辺の売却事例を集めて、平均価格を割り出します。それだけでなく、マンションの間取りや立地条件、駐車できる車の台数、建築を行なった会社などの様々な情報も重要です。不動産会社で提示する売却価格は、3ヶ月以内に売却できるような価格となっています。高い価格にすると、すぐに売却できずに売れなくなる可能性が高いです。また、買主が見つからないとその後も売却できない場合があります。売主にとっては安く感じることも多いですが、売却を成功させることが重要です。
売却と購入の優先順位ってありますか?
住宅ローンがどの位残っているかで変わります。残債が多い場合はマンション売却を優先して、少ない場合は購入が優先です。売却ができていない状態で購入すると、残債と購入した物件の住宅ローンを支払わないといけません。2つのローンを支払うことは難しいため、優先順位を間違えないように注意してください。先に物件を購入したいという人は、マンション売却の進捗状況や残債の支払いについて確認する必要があります。また、売主の年収によっては売却をしてからでないと購入できない場合もあるのです。自分一人で判断せずに、不動産会社の専門家に相談してどちらを優先したらいいのかアドバイスを受けるようにしましょう。
物件が売れない場合の対応はどうなりますか?
マンションの買主が見つからない場合は、そのままにせず様々な対応をします。マンションの図面などのアピールポイントを見直し、多くの人に興味を持ってもらうよう改善します。他の改善方法は、インターネットだけでなく折込チラシなどの多くの広告を利用した宣伝です。マンションの見学に訪れる人の印象を良くするために、徹底的に室内の清掃に力を入れます。また、接客中の態度や物件の良さをアピールできているかなど、多くの問題点を改善するようにしています。売却が長引くようであれば、すぐにこのような対応をして売却を成功できるようにするのです。
TOPボタン